• 東武東上線北池袋徒歩3
  • JR埼京線板橋徒歩7
  • 東京都豊島区上池袋4-29-9
    北池テラス4F
  • 03-3916-8010

予防接種

予防接種について

細菌やウイルスなどの病原体からつくられたワクチンを前もって接種することにより、特定の病気に罹患しにくくなる、罹患したとしても症状が軽くて済む、といった効果が得られます。

ワクチンは、感染症の原因となる各種細菌・ウイルスの病原性を弱めたり、無毒化したりして作られます。これを体内に注入することによって抗体が生じ、当該感染症に罹患しにくくなります。

当クリニックで行う主な予防接種

当クリニックでは、インフルエンザ予防ワクチンと、高齢者肺炎球菌ワクチンなどの予防接種が可能です。

  • 予防接種につきましては、ワクチンの在庫がない場合がございますので、必ずご予約をお願いいたします。

インフルエンザ

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症です。罹患すると38℃以上の高熱となり、頭痛や関節痛、筋肉痛、悪寒、のどの痛み、鼻水、咳などの辛い症状が現れます。

小児や高齢者、基礎疾患を有する方は、肺炎などを併発するリスクが高まります。特に、体力の弱っている高齢者の方の場合、インフルエンザに起因して重篤な症状になり、命にかかわることもあります。

インフルエンザワクチン

インフルエンザの予防接種を受けておくことにより、インフルエンザ発症を予防する効果が認められます。成人の場合、1回の接種によって2週間後から血中の抗体が増え始め、約4週間後にピークに達します。その後も3~5か月は効果が続きます。

但し、インフルエンザウイルスは毎シーズンのように変異するため、翌シーズンは、また別のタイプのワクチン接種を受ける必要があります。

肺炎球菌

肺炎球菌とは

肺炎球菌は、一般の人が罹患する肺炎の原因菌のうち、最も多いと言われている細菌です。特に、インフルエンザなどに罹患した後、体力が十分に回復していない状態で感染すると、重症化するおそれがあります。免疫力が低下している高齢者の方などは十分に注意してください。また、肺炎以外にも、菌血症、敗血症、髄膜炎などの原因となることがあります。

肺炎球菌ワクチン

肺炎などの深刻な疾患を予防するには、事前に肺炎球菌ワクチンを接種しておくことが重要です。このワクチン接種により、肺炎の罹患リスクを軽減でき、重症化を防ぐことができます。

接種は1年を通して、いつでも可能です。但し、接種間隔が短くなると、接種部位の痛みや腫れが強く出ることがあるため、5年以上の接種間隔をあける必要があります。成人用肺炎球菌ワクチンを接種すると、通常は摂取日を記載したカードやシールが発行されますので、このカードを参考にし、次回の摂取時期をお決めください

北池袋 よしだ内科クリニック
診療科目
内科・循環器内科・消化器内科
院長
吉田 裕志
所在地
〒170-0012
東京都豊島区上池袋4-29-9
北池テラス4F
電話番号
03-3916-8010
アクセス
東武東上線北池袋徒歩3
/JR埼京線板橋徒歩7
休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
:消化器内科の診療があります(医師:吉田 見紀)
日・祝
9:00~12:00
14:00-17:30